二次会 景品 肉~二次会の景品で喜ばれる肉の加工品は?

二次会の景品で食料品を用意する人が多くいらっしゃりその中でも肉類は人気です。けれど肉は肉でも生肉ではなく肉の加工品をプレゼントして送るのが実際多く理由としては保存が効くし持ち帰りが比較的楽な点が強みです。

そうなると気になるのが「加工品でも何を送っているの?」と言う疑問が出てきます。そんな疑問に答えて二次会のみならず景品でよく送られるであろう肉の加工品を紹介して行きましょう。

「ハム&ベーコン」
豚肉の塊を塩漬けしたものでブロック状の物からスライスまで多種多様に存在し食卓には欠かせない存在です。そんなハム及びベーコンは豚肉の加工品でありながらいろんな料理にも転用できるのが強みで

  • 衣に眩して挙げたハムカツ
  • ハムをそのまま焼いたハムステーキ
  • 目玉焼きと一緒に焼いたベーコンエッグetc
  • ベーコンにアスパラ等の野菜を巻いて焼いた〇〇(野菜名)ベーコンetc

生でも火を通してでも行けるのでなかなか応用の効く食材です。ここでは豚肉を使ったハムの紹介ですが鳥の胸肉を使った鶏ハムも存在し胸肉の歯ごたえとあっさりした味わいでこちらも人気な一品です。

「ソーセージ」
豚や羊の腸にひき肉を詰めた肉の加工品でこちらもハム同様に食卓には欠かせない存在。こちらもハム同様に焼くも良し、おでんやポトフの様な煮込み料理でもとても相性が良いとなかなか応用が効きやすい食材です。

「ビーフジャーキー」
肉に香辛料や塩を塗布し干したり燻製した肉の加工品(燻製の場合はスモーク・ジャーキー と呼ばれます)元々が保存食として作られただけあって保存が効き、ただかじって食べるのは勿論スープやダシに使われたりと酒のツマミとしての食べ方以外の食べ方も可能です。

基本的には牛肉を使っていますが豚や鶏肉、珍しいのだとカンガルーや猪の肉を使ったものもありビーフ以外のジャーキーは珍しいので景品で用意すれば盛り上がりやすいです。

「コンビーフ」
牛肉を塩漬けした料理で日本では缶詰状態にして販売されているのを見たことある人が多いではないかと思います。こちらも元々保存食として作られていた為保存は効きやすく缶詰状態で発売されているのが殆どなので持ち運びが便利な点が強みです。

生でもいけますがサンドイッチの具や炒め物や煮込み料理の具など火を通しても美味しさは変わらずです。肉の加工品はここでも挙げきれなかったのもありますがメジャーなのになるとこの様になりました。

少し奮発すれば調達しやすい物ばかりなので景品でお悩みの際は選んで見る事をオススメします。