二次会のビンゴ係を任されました。どんなことに気をつければいいですか?

二次会の司会

景品の品ぞろえにメリハリを
ビンゴといえば、やはり景品の魅力が第一ですよね。バリエーション豊富な景品がそろっていればいるほど、会場は沸くでしょう。

また、平均的な価値観のあるものをそろえて、当たり外れを少なくすることのも大事ですが、とても高価なものや、反対に何に使うのかわからないものをいくつか混ぜておくと、大いに盛り上がります。

景品をそろえる方法は?
予算に応じて、ディスカウントストアや100円ショップなどで仕入れるのが一般的です。もし問屋などに伝手がある場合は、安く抑えることができますので、そういう人がいないか周りに訊いてみるといいでしょう。

持ち寄り形式にしても楽しいものです。予算を決めて買ってくるようにしてもいいですし、家に眠っている不用品(新品に限るのは鉄則です)が、意外にも喜ばれることが多いのです。

また、宝くじなどの、当たるかも知れないと夢をみられるものも、外れたとしても後日談が期待できていいかも知れません。

進行係も重要
番号の読み上げ方や、景品を選ぶ人への声かけなど、進行係の機転で、ビンゴの雰囲気はガラリと変わります。もし自信がないときは、自分はビンゴを回したり記録したりする裏方に徹し、話すのが得意な人にあらかじめ頼んで進行を任せるのも手です。

その場合は、ぜひとも滑舌がいい人を選びましょう。番号を読み上げがわかりにくいと、参加者のイライラが募ります。

持ち帰り用の袋を用意
二次会に大きなバッグを持参してくる人は、ほとんどいません。持ち帰るのに便利な袋を用意しておくと喜ばれます。大きな景品がある場合、それが入る大きさのものや、荷物用ロープも準備しましょう。

持って帰る人の身になって、あまりにも大きいものは避けておいたほうが無難です。

フォローを忘れずに
なかなかビンゴにならなかった人や、希望の景品がもらえなかった人へのフォローも忘れてはいけません。ある程度の冗談は場を盛り上げるのに役立ちますが、必要以上にからかったり、笑いものにしたりすると、雰囲気が悪くなってしまうこともあるので、注意しましょう。

二次会は楽しい空気のまま終わりたいものです。そのためには、気配りが重要なのですね。

関連記事

複数の男性の脚

友人が籍だけいれて、結婚式は挙げられないと言うので、二次会のようなパーティーを考...